2019年1月 日光詣の旅

2019.01 日光詣の旅

旅の5日前に急遽計画して日光詣に行ってきました。

テーマ

日本最古の洋風クラシックホテル「日光金谷ホテル」を満喫しつつ、世界遺産である日光二社一寺で初詣

プランニング

この旅程に至った経緯はこちらを参照下さい。

期間・訪問先

期間:2019/1/3 ~ 2019/1/4

訪問先:

  • 日光市(日本)

旅程

旅行記はじめから順番に見る場合はこちらから。記事一覧はこちら
また、旅程表中のリンクをクリックすると対象記事に飛びます。

予算

交通 区間 数量 単価(Cash) 単価(Mile) Value
東武鉄道 浅草 -> 東武日光 けごん
東武日光 -> 浅草 きりふり
2
2
2,800
2,370
  10,340
  Subtotal   10,340 0 10,340
都市 ホテル 宿泊数 単価(Cash) 単価(Point) Value
日光 日光金谷ホテル
:スタンダードルームA(朝・夕2食付)
1 59,360   59,360
  Subtotal   59,360 0 59,360
  Total   69,700 0 69,700

総括

世界遺産である「日光の社寺」は、大改修がほぼほぼ完了しつつあり、有名どころは改修済みの綺麗な状態を見学することが出来ました。徳川家に由来するさすがの派手派手さで特に日本の文化遺産はそれほど見慣れているわけではない私たちでも十分楽しむことができました。そこからちょっと奥に入った滝尾神社周辺は、人が一気に少なくなり静寂の世界で全く違った雰囲気を楽しめました。

いつか行かなきゃいけないリストに入っていた日光金谷ホテルは、正月三が日の宿泊だったため、普段入ることができない小食堂でのおしるこサービスや翌朝の朝食でおせちビュッフェ&お雑煮というスペシャルサービス付きでした。大みそかから三が日にかけて滞在される方は早めに到着するのが吉かと思います。名物のカレー、クラシックフレンチは、100年前の西洋料理が思っていた以上にしっかりしていたことに驚きました。是非他のメニューも再現して頂ければ、、、よろしくお願いします。

今回は珍しく急遽予定したこともあり1泊のみでの旅行となりましたが、盛りだくさんの内容の割に一方ではゆったりと過ごせた感もあり、短い日程の中で充実した旅となりました。帰路はピークシーズンの影響で若干どたばたとなりましたが、それ以外では多少人が多めかと感じはしましたが東京の人混みに比べれば全然マシで特段困難なく過ごせました。

華厳の滝には行けていませんが、中禅寺湖方面は、今回訪れた1月4日の時点で最高気温1℃最低気温-11℃という極寒のようでしたのでそれはまた温かい時期にでも計画したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました