テクニック

海外僻地トラベラーの携帯キャリア戦略 〜楽天モバイル・ahamo・LINEMO・povo比較〜

私たちは2人揃って楽天モバイルを活用しています。楽天モバイルにしたのは、自社回線キャリアなのに基本料金が安い(980〜2,980円+税)のと、コロナ禍で通販を多用することになり楽天経済圏に囲い込まれたのも一因です。 海外ローミングにおいても...
マイレージ・ロイヤリティー

本当にVISAゴールドがベストチョイスですか? スーパーフライヤーズカード(SFC)比較

ANA、JALには一定の条件を満たしクレジットカードを保有することで、ほぼ無期限で上級会員になれる制度があり人気です。それぞれ、SFC(ANAスーパーフライヤーズ)、JGC(JALグローバルクラブ)と言われる制度ですが、そのクレジットカード...
テクニック

【中級以上向け】リスクから考える海外旅行厳選持ち物チェックリスト

コロナ鎖国が明け海外旅行が復活しつつあります。私たちも3年半ぶりの海外旅行で今一度持ち物を見直してみました。それほど我慢に強くないのに久しぶりの反動でハードシップの高い中央アジア/コーカサスでした。特に危険な地域というわけではないですがトラ...
テクニック

海外旅行 ガイドブックは電子書籍をおススメする5つの理由

電子書籍と聞くと苦手意識がある方もいるかと思います。ページをめくる感じがないといった操作性、モノとしての実体が感じられないという意見が多いです。ただ、ことガイドブックにおいては、それらのネガティブポイントを考慮しても電子書籍がおススメです。...
2023.07 シルクロードの旅

ANA(全日空) NH256便 (福岡 → 羽田) 搭乗記 〜都心上空ルート初体験〜

過去幾度と搭乗している福岡 → 羽田路線です。機材もB787で特に見所もありません。私たちにとってこのフライトの一番の見どころは2020年3月から利用開始された「都心上空ルート」を通るかです。東京に住んでいた時には、自宅のかなり近いところを...
2023.07 シルクロードの旅

福岡観光 シルクロードの東の端「鴻臚館跡」で旅のフィニッシュ!

シルクロードの東端は狭義では西安ですが、広義ではそこから朝鮮半島を渡って日本に到達します。そして、その到着地は福岡にある鴻臚館になります。かつて、そのシルクロードを通って日本に伝わった品々を所蔵している宗像大社の神宝館にも訪れました。 今回...
2023.07 シルクロードの旅

福岡グルメ 結果的にウエストでうどん

福岡に朝着くということで本当は以前訪れて大満足だった吉塚うなぎに行きたかったのですが、国内線への荷物預けに手間取り11:30、普通にお昼の時間になってしまいました。前回は10時30分のオープン10分前でもギリといった感じでしたので諦めます。...
ビジネスクラスガイド

Asiana Airlines(アシアナ航空) OZ132便 (ソウル仁川 → 福岡) ビジネスクラス搭乗記

アルマトゥイからの帰路で続けてフライト2本目、仁川から、、、福岡に向かいます。特典航空券での東京への直行便の空きがなく経由地としてはお気に入りの福岡を選択しました。 フライト フライトの詳細は以下の通りです。 出発:ソウル仁川(ICN) 8...
2023.07 シルクロードの旅

Asiana Airlines(アシアナ航空) OZ578便 (アルマトゥイ → ソウル仁川) ビジネスクラス搭乗記

中央アジア、コーカサス4カ国周遊の旅も終盤、アルマトゥイからソウル、福岡経由で東京に帰ります。ここからはANAの特典航空券で発券したビジネスクラスですのでフライトも楽です。スタアラでアルマトゥイに就航しているのはアシアナ航空のみなのでソウル...
2023.07 シルクロードの旅

アルマトゥイグルメ RUMI on Abylay Khanで最後の晩餐はやっぱりプロフ!

アルマトゥイの終日散策を終えほっと一息、アルマトゥイでは唯一の食事の機会です。カザフ料理がどんなものかは個別に調べていませんが、エアアスタナで一撃喰らっているのでちょっと安全な選択をしたいところです。また、暑さ酷く食欲もあまりないということ...
2023.07 シルクロードの旅

アルマトゥイ1日観光 〜【後編】丘の上の展望台&遊園地 Kok Tobe〜

街中散策の後は、丘の上から庭園都市アルマトゥイを眺められるKok Tobeに行ってみました。 立地 アクセス 基本はロープウエイでのアクセスですが片道KZT 3,000(900円)、往復 KZT 5,000(1500円)と結構高めです。また...
2023.07 シルクロードの旅

アルマトゥイ1日観光 〜【前編】ゼンコフ教会・バザール・アルバート通りほか〜

22時間のアルマトゥイ滞在でしたが深夜到着だったためチェックアウトはギリギリの12:00から街中を散策しました。一番の狙いはKok Tobeという展望台ですが、それは夕方に回し、まずは、街中の主要観光スポットを巡ります。 28人のパンフィロ...