那覇観光 国際通り周辺散策&格安ステーキディナー

2022.11 ワーケーション第2弾 at 沖縄

那覇随一の繁華街といえばこの国際通りです。観光客向けの飲食店、お土産物屋のほかに、地場の方も利用していると思われる市場など各種スポットがあり賑やかです。那覇は、旅の前半/後半で滞在しましたが、国際通りには何度か訪れました。

国際通り

知名度の割に片側1車線でそれほど大きな通りではありません。交通量もそれほど多くなく、車を気にせず散策できます。また、街路樹が椰子の木なのが南国を感じます。飲食店やお土産物屋など観光としてぶらぶらするのに最適です。

一方で、この通りも緩やかなアップダウンがあり坂の街ということを実感します。県庁前の角には、沖縄と東南アジアでしかみられないファーストフードA&Wがあり、飲むサロンパスと言われているルートビアを楽しめます。水曜はアイスフロートが無料ということでバニラによりサロンパス感は若干穏やかでした。

みずとみ精肉店

沖縄といえば、アメリカンなステーキですが意外とお高い。そんな中、ここ「みずとみ精肉店」は名前の通りお肉屋直売でリーズナブルです。10日間の滞在の中で途中そこそこいい感じのお店を予約しているところもありますのでまずは、お手軽にステーキ1番手として訪れました。

店の趣はトタンやビニールシートで構成され昭和感満点ですが、国際通りのれん街という複合施設内であえてのレトロ感です。

オーダーしたのは、OKサーロインステーキ200gと、

もう1つは、OKハンバーグ300gにしてみました。

いずれも超絶美味しいというわけではないですが、1,100円という価格を加味すれば大変満足いくものでした。

平和通り/牧志公設市場

国際通りから直行した通りとして小さな店舗が並ぶ商店街です。こちらは観光客というより地元の方がターゲットでしょうかね。そこそこ生活感が見られます。

天井はすりガラスになっており、雨は防ぎつつも明るいです。鉄骨のフレームで、見方によってはミラノのガレリアに近い感じでしょうか???

いや、ちょっと無理がありますかね・・・

壺屋やちむん通り

やむちんは沖縄の焼き物のことと指し、300年前に琉球王府が各地に点在していた陶窯をここに集めて、今の通りになったようです。国際通り、平和通りから程近く、これまた街の雰囲気がちょっと違います。

歩行者天国なわけではないですが、車の通りはほとんどなく歩きやすいです。石畳っぽい道路の両側に陶器屋さんが並びます。

とはいえ、まだまだ旅の始まり、陶器は買えません。。。。散策のみです。

沖縄は猫天国?

再び平和通りに戻る途中でお行儀のいい猫に遭遇しました。前日うりずんに向かう道中でも猫を見かけましたし、先のやむちん通りでも闊歩していました。街なかでも猫密度は相当高く沖縄は猫天国なのかもしれません。

しばらくするともう1匹、同じポーズでお座りします、兄弟でしょうか・・・

餌は持ってないんだよ、、、ごめんよ。

まとめ

ディナーがてら国際通り周辺をさくっと巡りました。

ディナーとしては、アメリカンなステーキは、カジュアルと言われているお店でも意外とそこそこしますし、初回は格安の「みずとみ精肉店」にしてみました。いきなりステーキよりも安いですが、お値段以上の価値がありました。

国際通り近辺の見どころとしては、平和通り商店街、壺屋やむちん通りなどがあり合わせて散策しました。それぞれ雰囲気が異なりバリエーション豊かな街並みです。何か買うものがあるかは、、、人によるところかと思います。

那覇はイスタンブールほどではないですが猫がかなり多い都市でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 国内旅行ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました