アルマトゥイ1日観光 〜【後編】丘の上の展望台&遊園地 Kok Tobe〜

2023.07 シルクロードの旅

街中散策の後は、丘の上から庭園都市アルマトゥイを眺められるKok Tobeに行ってみました。

立地

アクセス

基本はロープウエイでのアクセスですが片道KZT 3,000(900円)、往復 KZT 5,000(1500円)と結構高めです。また、オペラ座からロープウエイ乗り場に行くのにもYandex Goで移動する必要があります。ふとKok Tobeの頂上まで指定してみるとKZT 2,200(660円)程度で行けることになっています。これは手間的にもコスパ的にもYandexの方がいい!とYandexで向かいました、、、

が、結果的に一般車両は頂上まではいけませんでした。。。一般車両は入場禁止(黒線の終端)で途中からは有料のミニバスで行く必要がありました。Yandexでは、降車場所(青地点)として指定できましたが車両侵入禁止の考慮がないようです。その点ご注意ください。

そのミニバスは1人KZT 1,000(300円)です。距離的にバスも足元を見た価格ですが、しょうがない。。。

バスは山道で5分くらいです、歩いてる人も何人かいましたね。

Kok Tobe

ようやく山頂に到着しました。複合エンターテイメント施設として、観覧車、ちょっとした動物園、レストランなどで構成されています。

遊園地

正面が、ロープウエイの山頂側発着所です。赤い文字のKACCA(カッサ)はロシア語で券売所の意味です。この辺にはメリーゴーランド、観覧車などもあります。

近くに電波塔がありかつては展望施設としての機能もあったようですが、今現在は営業しているのか事前に調べきれていなかったので近くまで行ってみることにします。そこまでのルート沿いにもちょっとしたブース、エンタメ施設が続きます。VRなどはゴーグルをつけて何かするようですが品質はあまり期待できません。

と、前を横断する小動物が。。。真っ茶色で日本のとは色が違いますね、ワルシャワのワジエンキ公園にいたのに近い感じです。アルマトゥイは自然が豊かです。

テレビ塔

付近が工事中で近づけませんでした。ショッピングモールができるようです。塔自体は丘の上でさらにこの高さですので眺めは絶景でしょうが、今は登れないようです。

ステージ

ステージではちびっこのダンス大会が取り行われていました。金曜日ですが夕方18:00過ぎなので仕事や学校は終わった後なのかな・・・非常にのどかです。

レストラン

そして展望レストランがあるのは知っており、ここでディナーとすることも考えていましたが、外にメニューの掲示がありません。パブロバを食べてそれほどお腹が減っていないのに加えて、入り口もかなりしっかりしており高そうな雰囲気もあるのでパスすることにします。

眺望台

レストランに入らなくても見渡せる場所があります。こんなサインもありますが、後ろの木が成長し過ぎです。

街中方向のビューです。気温が高いのでちょっと霞んでいますが緑の多さが分かります。中央の大きな建物が滞在したカザフスタンホテルです。

麓とのロープウエイが行き来しているのもよく見えます。

天山山脈方面です。雪が残っており涼しそうです。

ロープウェイ

一通り満喫したのでロープウエイで下山することにします。片道900円です。カザフスタンの一人当たりGDPは10,000USD強、日本の1/3〜1/4ですのでその価格差を考えると現地の人にとってはかなり高いでしょうね。

所要時間は5分程度ですが眺めは絶景でした。

ここからも天山山脈がよく見えました。

麓の駅付近

隣接してコンサートホール&広場があります。広場には噴水があり子供の水遊び場になっていました。

まとめ

アルマトゥイ一番のスポットKok Tobeに行ってみました。

Yandexで行こうとしましたが一般車両は侵入禁止でした。価格的なメリットも出ないので、素直にロープウエイでアクセスするのが一番かと思います。そこそこ高額ですが、ただまあ、唯一無二の景色が眺められる点でしょうがないでしょうか。

施設としてはいろいろありますが、観光客として魅力的なのは観覧車くらいでしょうか。本当は、電波塔の展望台に行きたかったですが、今現在はクローズということでしょうがないです。

帰りはロープウエイで降りましたがいい眺めでした。そして、いい感じの夕方になりました。最後のディナーをとってアルマトゥイ滞在は終わりです。一通りアルマトゥイを満喫できました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 海外旅行ランキング

関連記事

アルマトゥイ散策前編

コメント

タイトルとURLをコピーしました