福岡グルメ 結果的にウエストでうどん

2023.07 シルクロードの旅

福岡に朝着くということで本当は以前訪れて大満足だった吉塚うなぎに行きたかったのですが、国内線への荷物預けに手間取り11:30、普通にお昼の時間になってしまいました。前回は10時30分のオープン10分前でもギリといった感じでしたので諦めます。プランBの「かろのうろん」に向かうとこの通りこちらも大人気でした。これは普通なのか、この日が博多祇園山笠の最終日だった影響なのか不明ですが、、、プランBも叶わずです。で、ウエストになりました。

立地

その後、失意のまま近くの川端通り商店街を通っていると、ウエスト川端店に遭遇しました。うどんの気持ちになっていたのでラッキー、そのまま入店しました。後で調べると関東にも進出しているようですが、博多の隠れた名物うどんを初体験です。

メニュー

この日は朝方の雨の影響か湿度がすごく、外は蒸し風呂状態でした。冷房の効いた空間で冷たい水が最高です。また、日本は水がタダで助かります。かんぱーい。

ごぼう天うどん

1つは、名物のゴボ天うどんをオーダーです。柔めの麺に対してしっかり歯応えのごぼうがコントラストになります。中央アジアのスパイスも良かったですが、久しぶりの出汁が沁みます。

ミニ明太ご飯セット

もう一つは、明太丼セットです。機内食の朝ごはんを2回食べた後ですが、日本食は美味しく入ります。福岡名物の明太子もチョイスできて福岡らしいランチとなりました。明太子は、ふくやとのコラボということで本場です。

出汁は、あじこ、いりこベースにいろいろと独自配合ということです。くー、出汁が沁みます。。。

ごぼう天うどん 490円
ミニ明太ご飯セット 790円

中央アジアの安い物価に対抗できるお値段です。

まとめ

10日ぶりに日本に帰国しての食事は、博多のうどんになりました。吉塚うなぎには間に合わず、うどんもプランBの「かろのうろん」は大行列、偶然ウエストに出会し助かりました。

名物のゴボ天と、明太ご飯セットで、日本、博多のご当地メニューにありつけました。うどんは讃岐のようなコシはなく柔めですが、伊勢うどんほど柔らかくもありません。そういった意味だと、麺自体の特徴はあまりないですが、なにしろ久しぶりの出汁が最高でした。なんだかんだ日本人であることを実感できました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 海外旅行ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました