ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城 : ツインプレミアムルーム

2022.11 ワーケーション第2弾 at 沖縄

ちょうど修学旅行のゲストと重なったようでプレミアムルームにアップグレードしていただきました。とはいえ、部屋の広さが広くなるわけでもなく、ラウンジアクセスがつくわけでもなく、、、フロアが15〜18階という高層階になる感じでした。ほかにデラックスルームというカテゴリーもあり、違いはちょっと分かりにくいです。

ツインプレミアムルーム

元日航ホテルということで広さは30m2、十分な広さです。

部屋

部屋はリノベされてかなり綺麗でした。テレビは壁掛け、造作でコンパクトなデスク、テレビの奥にはミラーがあり化粧台としての機能のようです。床はカーペットで模様はサンゴでしょうかね。

反対側には120cmサイズのベッドが2台。その間に小さめのサイドテーブルがあり、ヘッドボードには、リーディングライト共にコンセントがあり枕元での充電も可能です。

窓側には、シングルサイズのチェア1つとコーヒーテーブルがありました。化粧台前の椅子を反対に向ければ2人が向かい合って座れる感じです。

入口付近にはクローゼットとミニバーコーナーがあります。引き出しの中に、ポット、アイスペール、コーヒーカップ、グラスなどが収納されています。飲み物はインスタントコーヒーです。

バスルーム

水回りもオーソドックスな感じです。ここも日航ホテルベースでユニット感はあまりないです。大型のボウルとトイレと。

その奥にバスタブがある感じです。

アメニティはヒルトンらしく見覚えのあるクラブツリー&イブリン、、と思いきやBody Lotionだけでした。

シャンプーなどは、ミキモト・コスメティクスのボトルタイプでした。悪くないですが、クラブツリー&イブリンで統一してくれてもいいです。

眺め

15階にアップグレードいただきましたので眺めは絶景です。

ホテル自体丘の中腹ですので15階以上の高低差を感じます。左側の2つの高層ビルのあたりが「おもろまち」です。遥か彼方には海まで視認できました。国際通り方面は方向的に見えないですがそれでもカナっりの絶景です。

また、手前の緑のエリアは川の土手&小高い丘ですが、沖縄の勾配の多さがよく分かります。

夜景も素晴らしいです。

まとめ

もと日航ホテルということもあり、広さは30m2とそこそこの広さ、余裕があります。水回りや窓枠などに多少古さがみられますが、部屋自体はリノベーションされており快適です。WiFiもあり、USBポートでの充電も可能でした。

また、北側の15階ということで眺めもかなりよかったです。丘の斜面ですので北側でありさえすれば低層階でもかなりの眺望かと思います。アクセスが坂で辛い分、このメリットがあるとも言えます。

プレミアムルームというよりも北側の部屋がオススメです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 国内旅行ランキング

関連記事

ホテルトップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました